34歳からですよ。

30代前半最後の年となりました。。。そんなブログかな?

発熱してくれる息子の力

f:id:ukilucky34:20151217130709j:plain

 

 

お疲れ様です。

 

えーっと、

 

7月に入ってからバタバタとお休みする子が増えていた保育園。

うちの子は、しばーらく大丈夫だったのですが、

23日から微熱がではじめまして、

なーんとなくいやーな予感。。。。

危険を察知した私はそろーっと実家へ・・・・

休み明けには40度の熱。

小児科へ駆け込んだところ、溶連菌発見!!!!

10日間の1日3食後飲み薬となってしまい、長期実家滞在してきた私たち親子です。

 

本日より、通常業務となっております!

 

が、どうやら保育園ではマイコプラズマが蔓延気味のようで・・・(;_;)

祈るような気持ちで子を預けてまいりました。。。。。

ぐすっ・・・・

 

でも、このマイコプラズマってやつは、うちの子は昨年やっていて。。。。

わずかでも感染しにくい状態だと良いなーと思っているところです。

 

 

ここで、ふと・・・・

どうやらマイコプラズマって微熱で終わっちゃうお子さんもいらっしゃるようですね。

それで、病院でもただの風邪で終わらせちゃうことがあるようです。

ひどくなると肺炎になっちゃうのに(~_~;)

なので、微熱が下がれば保育園へ。そして、ちょっと熱が上がればまたお休みして・・・なんていうダラダラが続くこともあるのではないかと・・・

 

そうこうしているうちに、他のお子さんも発症。

 

みたいな・・・

 

そう考えると、どうしてうちの子だけ40度、41度なんていうブッチギリの発熱するんだろう・・・・ってちょっぴり悩んだりしたのですが、

逆で、体の中で戦う力があるから、発熱して戦ってくれる。

そして、すごい熱なもんだから、お医者さんも色々と診てくれるのではないか?と、思ったのです・・・

そして、血液検査やらレントゲンを撮ってくれるから原因が早めにわかる。

だから、効果のある薬を服用させてあげられて、

しっかりと保育園も休ませることになる。

。。。。

 

 

ちょっと、いや、かなり大変だ。。。。って思っていたけど。

熱が出るっていうのも、体力があるってことで、

いいことなんだな。

 

 

なんて、当たり前なことに気がつきました。

 

辛そうな子を見るのは辛いけど。

強い子なんだな。。。きっとね。

 

 

ではまた。