34歳からですよ。

30代前半最後の年となりました。。。そんなブログかな?

ドラマ「コウノドリ」見ました。

お疲れ様です。

今朝は少し、電車が空いているように感じました。。。

お休み取得して、ちょっと大きめ連休にしてる方が多いのかしら?

 

うらやますぅいぃ〜!!!

 

私は、平常運転です!

 

先日のお休みで、録画してあったドラマ「コウノドリ」を2話分見ました。

涙、涙、涙。。。。

私、泣いてばかりでした。

 

赤ちゃんの誕生に感動、母体の状態に涙。とにかく、涙と鼻水が止まらないドラマでした。

 

途中。。。。

少しだけど、前置胎盤の方の手術についてのカンファレンスシーンがあり、

胎盤が少し子宮の筋肉層に侵入しているように見えるMRIの画像をみて、

「できる限り子宮を残す方向で、進める」という医師に対し、

 

「大量出血の恐れが有る、そんな母体を危険にさらすような子宮取っちゃえよ」

 

って言う医師のセリフが胸に突き刺さりました。。。。

というか、複雑な気持ちになりました。

嫌とか、怒りとかではなく。

耳に残りました。

 

私のときも、先生方はこういった会話をしていたのかしら?

さすがに、取っちゃえよなんて言ってないだろうけど。。。ね???

こうやって、たくさんのプロフェッショナルが、いろんな知恵、経験を元に私の手術に向けて、準備をしていってくれたのかな、たくせんのケースを考えて、準備してたんだろうなって。

感動したな、感謝の気持ちで、また涙が溢れたな。

 

麻酔科の先生に、小児科の先生、助産師さんたち。。。。。

そして、輸血用の血液を毎週とってくれてた、先生。看護士さん、

前日に、諸々私自身の検査をしてくださった検査技師の方々。

そして、産科の先生方。

 

あー、いろいろ思い出しちゃう。

 

泣きそうだ。

 

ふぅーーーーー

 

さて、午後の仕事も頑張ろう〜♪

 

 

そういえば、

出産(手術?)した病院に、子供とたまたまいったとき、私を診てくれていた医師を見かけたので、声をかけたら。

 

どなただったかしら。。。。?????と言う顔をしながら

「お元気そうで、まぁ、赤ちゃん大きくなりましたね!」と言ってくださいました。

そうね、そうね、産まれたてから退院までしか見てないものね(笑)

 

当たり前よね〜。毎日たくさんの方をみてらっしゃいますものね。

忘れちゃうよね。

 

でも、私は、あなたが「次は自然分娩でいきましょう!」と、笑顔で言ってくださったの、忘れてませんよん♪